サービス

SERVICE

ホームページの制作・リニューアルやWEBコンサルティングなど
レジスタがご提供するサービスについてのご案内。

ホームページの新規制作・リニューアル

「きれいに作ってくれそうだから」「他より安く作ってくれるから」というだけで制作会社を選んでいませんか?
長期的視点を持って成長させることができるホームページを作りましょう。

ホームページの新規制作・リニューアルを成功させるには
ページの役割を明確にしたサイト構成を考えるところから

成果を上げることのできるホームページを作るためには、各ページの役割を明確にしたサイト構成を考えるところから始めます。

ホームページを構成するページの3つの重要な役割

ホームページを構成するページには大きく3つの役割があります。
自社のホームページに訪れてもらう入り口となる集客ページ、集まった見込み客に自社の製品やサービスを知ってもらい興味を持ってもらうための興味育成ページ、製品やサービスを購入・お問い合わせしてもらうための成果獲得ページです。

集客ページ

見込み客の悩みを解決するような情報、知りたいと思っている有益な情報を提供することで自社のホームページに訪れてもらうためのページ。継続的にアクセスを集め続けることのできるホームページにするためには、集客できるコンテンツをどのように組み込んで構築するかがポイントとなります。

興味育成ページ

製品・サービス紹介、お客様の声や事例、よくあるご質問など、自社の製品やサービスを知ってもらい興味を持ってもらうためのページです。集客ページで集めたできるだけ多くの見込み客にこのページを見てもらうためにはホームページのデザイン・リンク設計やコンテンツの内容が重要となります。

成果獲得ページ

お問い合わせや資料請求、購入ページなどユーザーにアクションしてもらうためのページ。集客ページ・興味育成ページを経てこのページまで来てもらえれば成果獲得まであと少しです。離脱率をできるだけ低くするための設計・入力支援機能などでお申し込み完了の確率を高めます。

各役割を持ったページがしっかりと機能することで成果が得られるホームページに

この3つの目的を持ったページがそれぞれきちんと役割を果すことによって、集客から成果獲得に至るまでの流れが確立された効果的なホームページを構築できると考えています。

ホームページを立ち上げたけどなかなか見てもらえないと悩んでいるサイトの多くは、集客ページが弱いために見込み客を集めることができていないことが原因で、なかなか成果に結びつかないサイトは興味育成・成果獲得ページに改善の余地があると思われます。

  • 集客ページ
  • 興味育成ページ
  • 成果獲得ページ

将来を見据えたオーダーメイドのWEB制作

ページの役割をしっかりと持たせたサイト構成と、正しいSEO対策が組み込まれたサイト設計で構築することにより、時が経つほどに集客効果を高めることのできるホームページを制作することが可能となります。

各役割にどんなコンテンツを当てはめて、どこを重点的に強化していくか、WordPressなどのCMSによって情報の更新性を持たせるコンテンツは何にするかは、BtoBなのかBtoCなのか、また、お客様の目指すビジネスによっても大きく違ってきます。

レジスタではお客様からのヒアリングやこれまでに培った経験・知識を元に、お客さまのビジネスに合わせたオーダーメイドのWEB制作で、集客から成果獲得までの流れを確立した、成長できるホームページをご提案いたします。

本質的なSEO対策を組み込んだホームページを制作

以前の検索エンジンでは、どれだけ他のホームページからリンクされているかという被リンクの数が検索順位に大きく影響を与えていましたが、それを逆手に取ったSEO業者がリンクを売ることを始めたことによって、たとえホームページの質は低くてもリンクを多く購入できたホームページが検索結果の上位に表示されるようになってしまいました。

Googleが目指す検索サービスは「ユーザーが探している情報を上位表示すること」なので、このような検索結果は検索エンジンの本来の目的に反することです。

現在ではGoogleの検索技術の進化によって、リンクを購入した場合は逆にペナルティの対象となり、ユーザーの求める情報の質と量、分かりやすいサイト構造とページ構成が重要視されるようになってきました。

レジスタでは早くからこの本質的なSEO対策に取り組み、リスクのある方法に頼らない安全で将来性のあるホームページ制作をしています。

お客様に長く愛されるホームページの制作を目指しています

通常、ビジネスサイトは2~3年ほどで全面リニューアルされると言われていますが、レジスタではより長い期間、お客様に愛情を持って育てて頂くことのできる息の長いホームページの制作を目指しております。

ホームページの新規・リニューアル制作費用の目安

30万円~ 集客・成果・成長のために必要な最低限の機能を盛り込んだホームページの制作費用の目安です。
<オリジナルデザイン・WordPress組み込み・フォーム設置・SEO対策>
  • レスポンシブWEBデザインは含みません。スマートフォンなどのモバイル対応についてはこちらをご覧ください。
  • 現在、弊社ホームページの制作実績に掲載させて頂くことを条件に通常よりもお安く制作させて頂いております。必要な数に達しましたら割引は予告なく終了いたしますのでご了承ください。

レスポンシブWEBデザイン

ますます重要になってくるモバイル対応

スマートフォンからのアクセス数がPCを上回ることも珍しくなくなった今、ホームページのモバイル対応は多くのユーザーを獲得するためにも避けては通れないものとなってきています。

  • レスポンシブWEBデザイン-PC
  • レスポンシブWEBデザイン-タブレット
  • レスポンシブWEBデザイン-スマートフォン

御社のホームページではスマホからのアクセスはどのくらいありますか?

飲食店やショップなどお客様に直接来てもらう必要のあるものや、若い人をターゲットとしている業種ではスマートフォンからのアクセスがとても多い傾向にあります。「うちはBtoBだから関係ないかな」と思っている方も、実際のアクセスを見てみると意外とスマートフォンで見ている人がいることに気づく場合があります。

Googleアナリティクスなどのアクセス解析を設置していれば、どれくらいの割合でスマートフォンからのアクセスがあるかを知ることが可能なので、ぜひ一度調べてみてください。Googleアナリティクスであれば、ユーザー>モバイル>サマリーからスマートフォンのアクセス数や比率を確認できます。

レスポンシブWEBデザインとは

レスポンシブWEBデザインとは、スマートフォンやタブレットなどPC以外のデバイスでも、画面サイズに応じたデザインに変更して表示するマルチデバイス対応のための手段です。

レスポンシブWEBデザインではHTMLをスマートフォンやタブレットなどデバイスごとに用意するのではなく共通のHTMLを使用しており、ページの見た目を設定するCSSと呼ばれるファイル上で、閲覧しているデバイスの画面サイズに応じて異なったデザインを適用することで、スマートフォンのような小さな画面のデバイスでもホームページの閲覧・操作がしやすいようにするための技術です。

レスポンシブWEBデザインのファイル構成

レスポンシブWEBデザインのメリット

スマートフォン未対応のホームページをスマートフォンで閲覧した場合、PCサイトをそのまま縮小して表示されるために文字が小さくて読みづらい、リンクが小さくて押しづらいなど、ホームページの閲覧・操作に大きなストレスがかかってしまいます。

Googleも、スマートフォンに最適化されたホームページをモバイルでの検索結果で優遇するということを発表しており、スマートフォン対応の重要性は高まっています。

スマートフォンなどのデバイスに対応する手段として、スマートフォン専用サイトをPCサイトとは別に新たに立ち上げる方法もありますが、レスポンシブWEBデザインの場合はHTMLを各デバイスごとに用意する必要がないので、制作・運営管理のコストを抑えることが可能です。

また、専用サイトの場合は同じ内容のページでもPCとスマートフォンでURLが違うものになってしまいますが、レスポンシブWEBデザインは同一のURLになるので、SNSなどでの連携が取れやすいというメリットもあります。

デメリットを上げるとすれば、共通のHTMLを使用しているためにPCサイトとスマートフォンサイトで見せたい内容が違う場合は対応が難しくなることです。コンテンツの一部を特定のデバイスのみで見せるといったことは可能ですが、見せたいコンテンツが大きく違う場合はスマートフォン専用サイトを立ち上げる必要があります。

レスポンシブWEBデザインの料金

PCサイト制作費の3割~5割 ページ数が多いホームページほど3割に近い料金になります。
予算の関係などで、モバイル対応は後からにしたいという場合も対応しますのでご相談ください。
  • スマートフォンに加えてタブレットにも対応する場合はPCサイト制作費の4割~となります。